断捨離とは

断捨離は、その字面が強烈なだけに、

「断捨離 = 捨てまくる」とう誤解が広がっていますが、

本来、断捨離とは、物への執着を、

「絶つ・捨てる・離れる」ことを提唱していて、

もともとは、断行・捨行・離行というヨガの哲学だそうです。

 

断捨離とは、捨てることや、持たないことが目的なのではなく、

何を持つかを見極めるために、物との関係を問い直して、

不要、不適、不快な物を手放していくプロセスなのです。

 

もう少し簡単に言えば、「今、自分の手元や周囲にあるものは、

本当に今の自分に必要な物なのか?」と考え、行動することです。

 

・持っていることを忘れていた物

・全く使っていない物

・もったいなくて手放せない物

・人からのもらい物で捨てられない物

 

断捨離はそれらのガラクタを捨てることで、身の回りの環境を整える方法です。

片付けのノウハウではありませんが、物を捨て、取捨選択することで、

いつの間にか住まいがスッキリして、綺麗になっています。

 

断捨離をすることで、「我が家ってこんなに広かったんだ~」と自分の家が好きになります。

 

また、多くの物を捨て始めると、内面的にも大きな変化が起きて、

心理的な「とらわれ」や、「こだわり」といったものが取れていきます。

すると、心と体がスッキリしてラクになり、滞っていた人生もスムーズに回り始めることでしょう。

 

身体には腹八分目が良いように、家の中も、物八分目にしていれば、

家が物で肥満で不健康になることはありません。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL