不健康な家

洋服ダンスに入りきらないほど服があるのに、着たい物が無い。

冷蔵庫に、いつから入っているのかわからない食材がある。

山のように積んである本の前に立っても、読みたい本がない。

 

すき間というすき間に物が詰め込まれ、床に溢れ出して散らばって、

テーブルやタンスの上には、必ず何かしら物が乗っている状態・・・

小さな地震でも、落下の危険性が考えられるようでは、

安心して暮らすこともできません。

 

このような状態の家は不健康な家です。

ここでの暮らしは、不必要な物との戦いの毎日になってしまいます。

これでは、住まいが、いつの間にか、物に乗っ取られているようなもの。

そんな家は「住まい」ではなく、「物置」だといえます。

 

本来、物は人の生活を助けてくれるものであるはずなのに、

大量の物は邪魔を通り越して、人を苦しめる存在に成り果てます。

 

住まいをスッキリとした状態に保ち、散らかさないためには、

「収納スペースに見合った量の物しか持たない」、ということが基本原則となります。

つまり、物の量とスペースのバランスを考えるのです。

 

そして、使うときのことを考えて、収めるべきところに収めるというのが収納のルールです。

 

断捨離では、収納スペースに対して、

7(見えない物):5(見える物):1(見せる物)

の比率で管理する総量規則の法則があります。

 

7割の見えない収納とは、タンスやクローゼット、押入れ、冷蔵庫の中などです。

5割の見える収納とは、ガラス扉のついている食器棚や、扉のついていない棚などのこと。

残り1割の見せる収納とは、趣味やお気に入りのものを飾るスペースのことです。

 

 

お鍋ひとつ取り出すのに、いちいち他の小物を出さなければいけなかったり、

スプーンをしまうために、キッチンを端から端まで

横切らなければならなかったりするようでは困ります。

 

収納したことで物は見えなくなるかもしれませんが、

結果的に、見えないところで管理する物の量は確実に増え、

やがて押入れやクローゼットの奥で忘れ去られた物たちに、

ホコリが蓄積したり、カビなどの菌が繁殖したり、ダニの住処になったりして、

不健康な状態を招いてしまいます。

 

昔の日本の家屋というのは、その部屋に住んでいる人が立ち去ると後には何も残らない、

その人の存在のかけらも、その部屋で行なった活動も、跡形も残らないような状態でした。

 

それは、使っていた物を、すべてコンパクトに畳んで、押入れに片付けてしまっていたからです。

これこそが、物に支配されることのない、住んでいる人が主の理想の住まいと言えます。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL