シンプルな暮らしで物を大切に

断捨離で生活をシンプルにすることによって

色々なことがわかるようになってきます。

 

例えば、私は物を購入してから、箱などは絶対に処分するようにしています。

物を購入して箱ってみなさん意外と取っておいたりしますよね?

それってかなり無駄だったりするんです。

 

例えばスマートフォンなどの箱、取っておいてもほこりがかぶってかなり邪魔なんです

なんでそれが邪魔かというと取っておいても説明書などは必ずといっていいほど読まないからです。

逆に説明書などは捨てても電子書籍で操作の書物などはあります。

 

まあ単純に必要か不必要かがわかればそれでいいんです。

断捨離は判断の見切りも簡単にできる心構えだったりもします。

 

本当に必要な物だけで生活することが重要で必要な物を見抜く能力を身につけると、

物を購入する際に本当に必要な物だけを揃えていくように自然と変化していきます。

だんだん本当に必要な物だけを購入するようになってきます。

 

でも単純に何が無駄かわからないのはもったいないです。

というのは必要な物だけが存在している部屋と

不必要な物に気づかないで無駄なスペースを作っていると

どんどん部屋は狭くなってしまいます。

それと同時不必要な物を購入する癖が治らなかったりします。

それってもったいないです。

 

物を選ぶ時に買っても無駄になる物を見抜けず、

よくあるのが買っても使用しなかったりです。

それこそが最大の「もったいない」だったりします。

 

私は、人から物をもらう時でもいらない物をもらっても嬉しくはないです。

逆に何が必要かを相手に知ってもらうのも結構大事だったりもします。

私はここ1年何も購入してないのですが何が必要かを考えて購入するからなのです。

 

必要な物はお手入れだって気持ちいいです。

でも物を購入する時にデザイン性も頭に入れて購入したりするのも大きな一歩です。

そうするとちゃんとした生活ができるようになったり

無駄に力を入れないで生きることができるようになってきます。

 

こうなるには、そもそも部屋をキレイに保たないとできないことだったります。

つまり「捨てること」は無駄ではないです。

それがわかると物をちゃんと大事にすることができるようになります。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL