いつ、断捨離する?

物が捨てられない理由には、「愛着があるから」だとか、

「頂いたものだから」などという曖昧な理由が多いです。

でも、断捨離を実行できない一番の理由は、

「どこから手をつけたらいいのかわからない」というのが本音でしょう。

 

そこで、物を処分するきっかけが重要になります。

例えば、引越しは一番良い機会となりますが、

他にも、子どもが自立したときや、ご主人が定年退職したとき、

さらには、家族から、物の多さに不満や皮肉を言われたときなど。

 

その時に断捨離を思いついたのは、断捨離がきっと必要だからなのです。

「ある物がそこに在る理由もなく、自分の物である必要もない」、

と感じたら、すぐに行動を起こしましょう。

 

もし、あなたが、その物を戸棚の奥底に仕舞うだけに留めたら、

それは物質的にもメンタル的にも、あなたのスペースを占領し続け、気にかかり、

いずれまたそこに舞い戻ることになります。

それは潜在意識が持つエネルギーの一部をツケにしたようなものです。

 

例えば、何年間も自分のピアノを弾いていないとしましょう。

弾く、弾かないは別にしても、それを使わなくては、と感じていること自体が

あなたには重荷になっていきます。

 

だから、思い切って処分してしまいましょう。

物を惜しんで悶々とすることは、そのこと自体があなたにとって重荷になるか、

不完全燃焼として残ってしまいます。

 

また、誤解している人が多いのですが、

自分はズボラだから片付けができないと、思い込んでいる人がいます。

 

これは、実は逆なのです。

 

自分がズボラだから片付けができないと思っている人というのは、間違いなく、几帳面です。

几帳面だから、片付けることができないのです。

なぜなら、こういう人は、「丸一日みっちりと片付けをしよう」と考えてしまうからです。

 

別に丸一日、断捨離にかかりっきりになる必要はないのです。

片手間程度に、10分だけでも、続けていくことが大切になります。

 

 

季節ごとに処分する

一度に大掃除をしなくても、季節ごとに少しずつ断捨離していくのも良いアイディアです。

 

冬は自分の内面に目を向け、物を修理したり、

古くなった物や役に立たなくなったものを処分します。

 

春は新しい物の季節です。

新しく物を買うのも良いですが、よく吟味するようにしましょう。

 

夏は収穫の季節です。

不要な物を売りに出して代金を回収しましょう。

 

秋には、自分の人生における様々な想いや物事、

停滞しているもの、心の悩みなどを、物と一緒に処分していきましょう。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL