病んでる時に物を手放す作業をして後悔し続けている

精神的に病んでいる人や疲れている人などは片付けをすることまでに頭が回らず

汚部屋状態であることが多いとよく言われますよね。

うちもまさにそのような状態です。

とてもじゃないけどお客さんを呼べないですし、

SNSに部屋の写真を載せるなんてことは絶対出来ません。

 

私の場合は精神的に疲れているだけではなく、

体調もかなり悪い状態でほとんど横になってばかりいます。

心の中では部屋をキレイにしたい、断捨離をしてスッキリしたいという気持ちがあるのですが、

それが出来ないので凄くもやもやしています。

 

そんな状態であっても出来る時には無理をしない程度に断捨離を頑張っています。

とは言ってもカバンの中のいらない物を捨てたりとか、

不必要な物は買わないようにしようとかそんな感じですけどね。

 

しかし、精神的に病んでしまっている時は無理に捨てたりしない方がいいんじゃないかな?

と私は自分の経験で思いました。

 

普通本に書いてある物とかであれば、

散らかっているから精神的に疲れたりするからそういう時こそ物を捨てようみたいな感じですが、

それは人によると思うのです。

 

疲れている時にいらない物を大量に捨てて気持ちがスッキリしたという人もいるかも知れませんが、

私はそうなりませんでした。

その真逆で、自分が大切にしていた物を売ってしまったことを激しく後悔しています。

 

自分が後悔した物を手放してから一年が経過しましたが、

未だに「なんで売っちゃったんだろう」と自責の念に捉われています。

 

私は体調が悪くて片付けも出来ないことも凄くストレスになっていました。

さっさと出来る時に処分をしたい!と思い、

体調が悪い中で無理して少し落ち着いた時に売ってしまったのです。

 

精神的に病んでいる時は、本当にいるかいらないか?

という正常な判断が難しくなっているのです。

そんなことにも気付かずに私は自分の大切にして来た物を売ってしまいました。

 

更に、私が売って後悔した物は購入者によって高額で転売されていました。

それを見つけた時に余計に売らなければ良かったと思いました。

 

今も精神的に辛い状態が続いていますが、

やっぱりそれでも現在断捨離がしたくてたまらないです。

けど今度処分をする時は、本当に手放してしまっていいのか

何度も自分に問いかけてみようと思います。

 

本当は元気になってからするのが一番だと思うのですが、

なかなか元気になれなくて部屋も荒れ放題なので無理をしないで頑張って断捨離をしたいです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL