断捨離~捨てるのが心苦しい方へ~

私は1DKの賃貸アパートに住んでいます。

狭いので気付けばすぐに物で溢れてしまいます。

ですから、本や電化製品については、最近触ってないなと思った時点で即売却!

というのが、もはや自分の中での鉄則です。

未開封の食品や古い油を買い取ってくれる業者もあるんですよ。

 

家の広さの問題で、常に捨てるか捨てないかの選択を迫られているので、

断捨離は知らない間に慣れっこになってしまいましたが、

「捨てる」は殆ど「売却」に置き換えることが出来ます。

 

まあ大前提として、慎重に買い物をする、必要なものしか置かないことで、

断捨離をせずに済むのが一番なのですが、

自分ではそうやっていても、物って結構外部から持ち込まれることも多いですよね。

しかもそういう物に限って捨てるのに罪悪感の湧くものだったりするんです。

 

例えば、恋人に貰ったでっかいぬいぐるみ、手紙、年賀状、

一度も読み返したこともない卒業論文など。

 

物を捨てるときの罪悪感は断捨離しようとする決意を鈍らせる大きな要因でもあります。

本当は「要らない」と思いながら部屋の片隅に置いておく方が、

物に対して申し訳ないことかもしれないのですが、

「邪魔だから捨てる」という非情さを持てなかったからこそ、

今までその品物を持っていたわけです。

 

売却できる品物なら「新しい持ち主のもとで活躍してね」と思えるのですが、

それができそうにない品物については

「捨てるか、捨てるのを諦めるしかない」と思っている人、多いのではないでしょうか。

 

そんなときには、「捨てる」ではなく「供養」してあげましょう。

「物供養」と検索すれば詳細は出てくるのですが、

これは、今挙げたような品物をダンボールに詰め、

箱のサイズに応じた玉ぐし料を同梱し、物供養を行っている神社へ送付、

お焚き上げしていただく、というのが大体の流れです。

単に「ゴミ」として処分してしまうのとは、だいぶ気の持ち様が違います。

 

最後に、捨てた後の後悔を心配なさる方も多いかと思いますが、私の場合は大丈夫でした。

売却した電化製品を「もう一度使いたい」と思ったことはありませんし、

本をたくさん売った場合は、何を売ったのかすら覚えていないこともあるくらいです。

 

物供養に出したものに関しては、罪悪感や後悔ではなく、

むしろ部屋の片隅に無意味に置いていた時よりも、

良い気持ち、特に、感謝の気持ちとともに思い出すことが多いです。

 

これはもしかしたら断捨離の醍醐味だったりするのかもしれませんね。

悶々とした思いと引き換えに、清々しい思いが手に入るのですから。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL