捨てて凄く後悔することはないし後悔しても大丈夫

断捨離したい、しなきゃという気持ちはあってもそれが中々出来ない人というのは

「捨てたことで後悔したらどうしよう」

という思いが強すぎるからです。

 

断捨離をする際に大事なことは、まず物自体を捨てる前に

「後悔したらどうしよう」と考えているその気持ちを捨てることです。

後悔するかも、また使うかも知れないなどのことばかり考えているうちは

断捨離を進めることは出来ません。

 

今まで1000個以上の物を断捨離をして来た私の経験ですと、

沢山の物を捨てましたが後悔したことは殆どありません。

 

私は断捨離をした際に捨てる物の写真を撮りそれをブログに記録していたのですが、

今見返してももう一度これが欲しいなと思うようなことは殆どないのです。

しかし殆どないというだけで、時々後悔する物も出てきます。

 

このようなことを書くとやっぱり断捨離することで

後悔が生まれるかも知れないからやめておこうかな

と思ってしまう方もいると思うのですが、

後悔すると言っても激しく後悔することは一度もありませんでした。

一時的に激しく後悔をしたとしても、時間が経過すれば

後悔したことがまるで嘘のようにどうでもよくなって来ます。

 

もし捨てて後悔した物がオークションなどで買うことが出来る物であれば

オークションを利用して買いなおすことも出来るので、

深く後悔する必要などは全くないのです。

 

因みに今現在進行形で私が捨てたことを後悔しているのはプリキュアのキーホルダーです。

しかしオークションで買いなおすくらい後悔しているのか?

と考えてみたら買いなおす程ではないと思っています。

 

後悔すると言っても本当にその程度の後悔くらいしかしていないので

断捨離をしていてもよく考えて捨てることで

泣いたり寝込んだりする程後悔するようなことはありません。

 

特に沢山物を持っている人程断捨離をして後悔するようなことはありません。

どんなに沢山物を持っていても本当に大事な物は少ししかないからです。

逆にそこまで沢山物持ちではない人が断捨離を行う場合、

よく考えて捨てるかどうかの判断をしないと

後悔する可能性が高いので注意して行うようにしましょう。

 

断捨離は急いでやる必要は全くないので時間を掛けてでも良いので

「本当にこれは捨ててしまっても大丈夫だろうか」

とよく自分と向き合いながら行う必要があります。

その際に他人の意見を聞いたりすることはやめるべきです。

 

断捨離は自分自身は向き合わなければ何の意味もありませんし、

自分で残すか捨てるかどうかの判断をしなくてはなりません。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL