衣類・本・雑貨・アイドルグッズの断捨離終了

衣類と本と雑貨類と昔好きだったアイドルグッズのみ

断捨離をした経験があります。

 

どちらも、取り掛かり始めはかなり後ろ髪を引かれていましたが、

一つ二つ手放す内にだんだんと肝も据わってきて捨てるのが楽しくなっていきました。

 

衣類はまず、痩せていた頃の服で、

今は全然入らないものは可愛かろうが高かろうが1回も着てなかろうが、全部手放しました。

 

初めはオークションに出して、売れ残りはフリーマーケットに出しました。

それでも残ったものは古着屋さんに買い取ってもらいました。

古着屋さんは未着用でタグのついている服でも、

「使用感が・・・」などと適当なことを言ってすべての服が1枚10円だったのには驚きました。

まあ、どうせ捨てるものなのでいいんですけどね。

 

本も、手持ちの本の半分くらいは古本屋さんに引き取ってもらいました。

ここは、価格のつけられない状態の本も無料で引き取ってくれるので助かりました。

返されても困りますからね。

 

雑貨類はフリーマーケットで売りました。

形がレトロで可愛くて、持っておきたいんだけど2年以上使っていない保温ポットとか、

新しく性能のいいのを買ったので不要になったオペラグラスとか、

クローゼットの中で眠っていたものを持っていきました。

どれも愛着のあるものばかりで、「できれば売れ残って・・・」という願いも空しく、

可愛いものから順に売れていきました。

 

大きなものは大体売れたので、悲しいけれどこれは大きな成果でした。

アイドルグッズは、初めはオークションに出しました。

限定商品なんかがあって、定価の倍の価格で売れたりする嬉しい誤算があったりしました。

でもオークションでは全てはさばけず、フリーマーケットに持っていって、端っこの方で売りました。

DVDが10枚ほど売れましたがまだ残っています。

買い取り業者に持っていったら、

「海外版なのでうちでは買い取れません」なんてことを言われて困っています。

 

まだ我が家に数枚のCD、DVDなどが残っているのがなんだかもう気持ち悪くてたまりません。

燃えるゴミとして出すか・・・でも、それはなんだか心が痛むので、

またオークションに出して、根気良く買い手が現れるのを待ってみるしかなさそうです。

あーもーオークション面倒くさいのになあ。

CDやDVDも、本と同じように値段のつけられない商品も引き取ってくれたらいいのにな。

 

断捨離後はクローゼットの中がすごくすっきりしたので気持ちがいいです。

以前はどの引き出しもパンパンだったのが、

今は余裕があってわかりやすいし、空っぽの引き出しさえあります。

まだ、書類類など手をつけてないものがあるので、

いずれは取り掛かってすっきりしたいと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL