暇な時間を有効活用!断捨離でお小遣い稼ぎ

私が会社を辞めてハローワークに資料を提出し、半月が過ぎたくらいの時です。

ふと、自分の部屋を見渡すと、散らかっているのはいつものことと思いながら、

なんとなく「ここの引き出しには何が入っているのだろう?」と開けた時です。

ずいぶんと懐かしいものが出てきました。

 

初めての彼氏とデートした時にゲームセンターで取ったキーホルダーや

高校生の時に使っていた筆箱など

今では使わないけれども思い出があるものばかりでした。

 

そこから、その箪笥の引き出しをひとつずつ開けてみると

同じようなものや、いったい何だろう?というもの、

どうやって手に入れたのかすらわからないくらいの雑貨類が次々と出てきました。

 

出したついでに仕分けをしてみることにしました。

・思い出の品物

・これからも使えるもの(文具類)

・どう考えても使わないもの

主にこの3点に絞って仕訳けてみました。

 

一番多かったのはどう考えても使わないものでした。

思いでの品物を一まとめにすると箪笥の引き出し2つ分くらいだったのでそのまましまいました。

 

これから使えるものも、まとめてそのまま引き出しに。

どう考えても使わないものというものを、そこからまた細かく仕訳けてみました。

 

キーホルダー、小さなぬいぐるみ、缶バッチなどなど。

あまりにも汚らしいものはその場で捨てましたが、

綺麗な状態や未開封のままとってあったキーホルダーなどは

オークションサイトで販売してみようと値段を調べてみました。

しかし、あまり売れていないような状況でやはり捨てるしかないかと思いましたが、

グッズを買取しているサイトもついでに見てみると、それなりに値段がついているものがありました。

 

状態の判断は見てもらわないとわからないだろうと思い、

箱に詰めて買取業者に見積もってもらうため発送したところ、2万円ほどになりました。

仕事もしていない身としてはこの臨時収入はとても助かりました。

 

それに味をしめた私は、他の箪笥や押し入れの中もどんどん要らないものを売ることにしました。

価値があるものからまったくもってゴミでしかないものもありましたが、

結局思い出も無い、どこで手に入れたかもわからないようなものなので

ためらうことなくどんどん買い取ってもらい、結局総合計11万円になりました。

 

更に、買い取ってもらったことで家の中がすっきりとし、引き出し9つの箪笥が一棹処分出来ました。

不思議なことに、箪笥丸ごと処分できたことが私の心もスッキリさせたのか、

思い出の品として残しておいた昔の彼氏との品もポイッと捨てることが出来ました。

 

友達からもらった手紙などはそのまま捨てるものもったいない気がしたので、

プリンターでスキャンしてパソコンの中に残してあります。

家の中もスッキリして気分も軽くなったような気がします。

1日で出来るような量ではなかったので、時間がある暇な時に出来て良かったと思っています。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL