子供の作品をうまく断捨離

可愛い我が子が幼稚園や学校などで作成してくる作品や絵の数々。

成長を感じたり、我が子の感性が伝わってくる愛おしい品々です。

どれもこれも、大事に取っておきたい大事な宝物なんですが、

なんせ数が数ですし、かさばって保管にも場所をとられ

なかなか困りものだったりします。

 

そんな時我が家は、とりあえず時期的にまとめて、床に綺麗に並べて写真に撮ります。

そうすると写真を撮った日付で、その作品を作った子供のおおよその時期が分かり、

それが記録として残ります。

またその作品の写真を、家族同士で写真を共有できる写真専用のアプリに載せることで、

遠く離れた家族にも、今の子供の成長や活動ぶりを、身近に見せてあげることができます。

 

また、その中でも特に上手く描けた絵は、

あえてフレームに入れて家の壁に飾ってインテリアの一部に取り入れてしまいます。

時として子供の作品は、アーティスト顔負けのステキな色使いやデザインだったりします。

 

絵以外のものも、季節的に飾れそうなものは、

インテリアの邪魔にならない程度にインテリアに取り込んで飾ってみます。

幼稚園や学校での作品は、特に季節的な作品も多いので、

上手くインテリアに取り込むことで、

季節のイベントなどを感じれる飾りになること間違いありません。

 

目によく付く自宅の部屋に飾られることで、子供もものすごく喜び、

その時のエピソードを語ってくれて親子のコミュニケーションの機会になったり、

また褒められたも同然で更にやる気につながるようです。

そんな姿を見て、親の私もテンション上がるものです。

 

このように、目に見える形でそれぞれ保管ができるので、

作品のひとつひとつにとても意味があって価値が生まれます。

どの作品も愛着が湧いてきます。

 

でも、そこで思い切った決断をして、断捨離のスタートです。

紙の作品は思い切って時期を見て、分別処分します。

ただただ、押入れに入れて保管されていたとしても、一々誰が出してきて見返すでしょうか。

それより、分別処分することで、新たに価値を見出していく方が、きっと意味があるはずです。

 

たとえその作品たちが処分されてしまっても、

いつでも写真でそれら作品は確認することができます。

写真で残すことによって、より手軽に見返すことができるし、

作品ひとつひとつを身近に感じることが出来るようになります。

 

大事な我が子の記録、親の大きな仕事のひとつです。

うまく断捨離しながら、色濃い思い出を家族で共有していきたいものです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL