心の断捨離

心の秩序を保つということは、

物を片付けるのと同じで、

役に立たない考えと取り除き、

より重要な事柄のために、

心の中のスペースを確保することです。

 

定期的に、心の中から不要なものを取り除くように心がけてみましょう。

そうすることによって、悩んだり、ストレスを溜めてしまったりという行為から、

自分を解放することができるようになります。

 

心配事の9割は実際には起こりません。

起こりもしないことを思い悩むのに時間とエネルギーを使うのはやめましょう。

 

時にはテレビやパソコン、本など、注意をそらすものを遮断して、

沈黙の中にどっぷりと身をゆだね、自分自身にしっかりと向き合ってみましょう。

 

心の中を絶え間なく横切っていく、メンタルのゴミに気付き、綺麗にするチャンスが生まれます。

心の中のゴミは、人の活動を阻害する大きな敵です。

 

心にも掃除や整理整頓は必要なのです。

 

手順は物の整理と基本的に同じ。

まず、自分の頭に頻繁に浮かんでくる思いや考えをリストアップします。

リスト作成には最新の注意を払いながら、時間をかけて行なってください。

 

リストが作成できたら、その項目をひとつひとつ、根気よく検討し、

じっくりと時間をかけて解決方法を考え、

それを紙にや手帳に書き込むことで、自分の頭から消していきます。

 

物の整理も、心の整理も、ちょっとしたことの積み重ねが大切になります。

心の中の整理整頓を続けていくうちに、以前よりも心に余裕が生まれているのを

いつか実感できるはずです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL