物を捨てるだけが断捨離ではないということ

衣類の断捨離は最近の楽しみでもあります。

お部屋のデトックスのような感じで必要ないもの、押入れで幅を取っているものを捨てるのは

精神的にもスッキリとしますよね。

 

私は毎年の衣替えの時期に自分の服を断捨離をするようにしています。

衣類の断捨離を始めた頃は取っておくか捨てるかが中々決められなくて時間がかかったのですが、

これも慣れですね。

何回か断捨離を経験すると意外にあっさりと判断できるようになります。

そして「あの服取っておけば良かった」と後悔することもあまりありません。

 

最近の服は特に断捨離しやすいです。

何故かというと質があまりよくないのですぐに服がくたびれた感じになるからです。

特に冬のアクリル素材の服の毛玉がひどいですね。

ワンシーズン着ただけで毛玉だらけになってしまいます。

毛玉取り機でお手入れしてもやはり綺麗には取り切れません。

迷いなくそういった服は捨てています。

 

あと捨てるかどうかの仕分けのポイントとしてはその服を見て心がときめくかどうか?ですね。

心がときめかない服は取っておいても結局ほとんど着ることが無いです。

「じゃあ部屋着で着るかもしれない」と言って取っておくのはNGです。

くたびれた服、毛玉だらけの服を部屋着にすると女性の運気が下がってしまうらしいですよ。

 

断捨離を経験して思うのは断捨離の本質は捨てることではないということです。

捨てることは勿体ないと思ってしまいますが、捨てることを経験するからこそ分かることもあります。

断捨離をする前に比べて今は新しい服を買う時も慎重になりました。

本当に自分に必要な服なのか?安いだけの理由で買っていないか?

今年だけのデザインで来年は着れないのではないか?

などと色々考えてから購入するようになりました。

すぐに捨ててしまうような服を買うことの方が勿体ないのだと気づきました。

 

その結果シンプルで色々な服に合わせやすく、長く着れる服を選ぶようになりました。

意外に今クローゼットに残っている服は購入するときにはアイテムだけで見ると

それほど心がときめかなかった服ばかりです。

断捨離の時は心がときめかなかった服を捨てたのに、

購入するときは心がときめかない服の方がかえって着回しがきいて良かったりするから不思議ですね。

また断捨離することによって服のアイテム数が少なくなるので、

自分で把握しやすいので新しい服を買う時にコーディネイトも考えやすくなります。

物を捨てるという断捨離を通して、勿体ないの精神や物を大切に使うことを改めて考えるようになりました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL