溜まっていくお土産

振り子時計、目覚まし時計、置時計、

温度計、彫像、置物、トロフィー、

動物の剥製、造花の花束、フレームに入った写真

などなど。

これらはホコリの温床であり、見る人に雑多な印象を与えます。

 

お中元やお歳暮、冠婚葬祭の引き出物など、

自ら好んで購入したものではなく、

「他人の好みで選んだ物」もたくさん家の中にあるはずです。

 

もしこれらの物が不幸にも家事や洪水で消えてしまったとしたら、

あなたは代用品を考えますか?

それらは空間をただ埋めているだけではなかったでしょうか?

 

今は何でも、どこでも買うことができる時代です。

ある調査によると、旅行者はその旅行予算の4分の1を

土産やプレゼントに出費しているようです。

 

でも、それらが旅行の思い出の全てではないはずです。

旅からは物以上のものを持ち帰ることができます。

それは感動、印象、経験、そして実際の体験です。

 

どうしても処分する踏ん切りがつかない場合は、

これらの物をリビングの一番目立つところの置きましょう。

それを日々眺めていて、あっという間に飽きるようなことがあれば、

それはきっといらないものです。

 

人からもらった物を捨てるのは、誰でも心苦しいものだと思います。

これは、「頂いた物 = 相手そのもの」という想いがあるからでしょう。

でも、当たり前のことですが、物は相手ではありません。

物を贈る、ということに気持ちが込められているのであって、

物そのものが相手の気持ちなのではありません。

物を贈る、贈られるという行為だけで、本来は全て完結しているのです。

物はあくまでも気持ちを伝える媒体にすぎない、ということです。

 

そのプレゼントが気に入って使っていたとしても、

あなたが判断に迷うということは処分の時期なのです。

プレゼントしてくれた人も、このようなことであなたを悩ませていると知ったら

残念に思うに違いありません。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL