本当に必要なモノですか?

ストラップやフィギュア、自分の好きなキャラクターのコップやハンカチ等の小物。

ついつい衝動買いしてしまうと思います。

ショッピングをしていて「いいな」と思ったら何も考えずにすぐ購入してしまう。

気がついたら部屋は物がいっぱいで整理整頓されていない状況。

 

慌てて「断捨離せねば」と行動しても

一つ一つのモノを見たら思い出やこれから使おうと思って捨てられないなんてことはありませんか。

私はあります。

モノを手に入れただけ断捨離の時間も増えてしまい手に負えないです。

 

これから私が実践した断捨離の仕方(考え方)を下記にて紹介します。

・必要なモノとそうでないモノを仕分けする。

・オークション等へ出品する。

・無心で捨てる。

の3点を実践しました。

 

まず一つ目の「必要なモノとそうでないモノを仕分けする。」については、

「現在使用していないモノは必要のないモノ」と考えて仕分けをしていきます。

例えば、何年も鑑賞していないDVDやCD、

押入れにしまっているフィギュアや昔遊んでいたおもちゃ等です。

 

こういったモノは思い出や今後使うかもしれないと思って残しているかも知れませんが、

1年使用していないモノはほとんど使う機会がありません。

 

DVDやCDは、現在データをインターネットで購入し

それぞれの端末で共有することができるので必要のないモノです。

※ただしインターネットで購入時にお金を払うデメリットがあります。

 

思い出の品で捨てられないというモノもあると思います。

どうしても捨てたくないのならば捨てなくていいです。

ただ、大掃除の時やモノを探しているときに出てきて懐かしいと思うモノであれば私は捨てます。

なぜなら本当に必要なモノではないからです。

本当に必要なモノであればスペースを確保して大事に保管すると思います。

 

以上の考えで部屋のものを仕分けしていきます。

 

次に、二つ目の「オークション等へ出品する」についてです。

上記にて仕分けしたモノで保存状態の良い本やDVDなどは

オークションに出品すると意外と高値で売れる場合があるので出品することをお勧めします。

また、友人や親戚等にほしいかどうか聞いて譲るのも良いと思います。

本来捨てるはずのモノがお金になったり、知り合いに有意義に活用してもらえたらいいですよね。

 

次は「無心で捨てる」です。

この方法は上記にて仕分けが済んだモノをひたすらゴミ袋に入れ続ける作業です。

決して「やっぱ必要かも」「捨てたら後悔するかも」とか思わないでください。

一度必要ないと判断したモノです。

「無心」で捨てましょう。

 

最後に本当に必要なモノかどうか、購入前や友人に譲ってもらう前に判断できる様に

普段から部屋の整理整頓を心掛ける様にできたらいいです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL