本の捨て方のルール

本っていつの間にか積みあがって、

部屋のスペースを大きく占領していることってありますよね。

今回はそんな本の捨て方のルールについて。

 

本を捨てられない理由って、様々です。

私は本を捨てる、手放すことにとっても抵抗がありました。

お気に入りだから捨てられなかったり、

手に取れば読み返すから手元に置いておきたかったり、

今は読まないけれどいつかは読みたいと思っていたり。

 

そこでまずは、捨てるまでにちょっとずつ

ハードルを下げる工夫をしていきます。

 

まずは『誰かほかの人に貸す、もしくはあげてみる』。

人に物を貸すってもちろん戻ってくることが大半ですが、

いろんな事情で戻ってこないことも中にはありますよね。

なので貸す時にも、気持ち的には誰かにもうあげてしまうような気持ちで貸す。

そうすると、捨ててしまった罪悪感は感じないし、

おすすめを誰かに読んでもらえるし、

なんだか良いことをしたかのような気分になります。

 

無事に戻ってきたら、それはそれで続けて手元に置き続けてもいいし、

次の行先を探してもいいかもしれません。

 

そこで次の行先の候補として上がるのが古本屋へ売却すること。

残念ながら、新品同様であったとしても

売却額はそう多くないことが大半です。

でもやはり捨ててしまった、という罪悪感は感じずに済む。

 

そして一度売却して部屋がすっきりしたら、

今度はまた別の機会に持って行きたくなる。

そこまでいけば、もう捨て方に慣れてしまったも同然です。

 

なかには買い取り価格がつかなかったりや

汚れてしまっている物もみつかるでしょうし、

それをきっかけに「これは古いから」「汚れているから」と

自分の中で捨てる理由をみつけることもできるかもしれません。

このようにいくつか段階を踏んで、捨てることに慣れてみてはどうでしょうか。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL