服を溜めないための定期的な断捨離習慣

物を溜めてしまう私は、勿論捨てるのが苦手でした。

反面、買い物は大好きで、『バカの安物買い』と言われる、

低価格のものを沢山買い込んでしまう悪い癖があるのは、自分でも分かっていました。

旦那と結婚した時に、引っ越しの際、私の服の量が旦那の3倍くらいあり、

準備しているだけで申し訳ない気持ちになりました。

 

夫婦共にもともとアパレル業界で働いていたため、洋服のショッピングがデートコースでした。

おのずと購入する回数も増え、私の洋服は増える一方。

『バカの安物買い』については、旦那も理解しており、最近はもっぱらリサイクルショップでのお買い物。

ブランド品が安価で購入出来たり、興味の無かったブランドに簡単に手が出せる事もあり、

夫婦そろってお気に入りのお店でした。

 

二か月に一回は、必ずその店を訪れるような頻度だったある日、

今後は服を売ってみよう!と旦那が言い始めました。

物を捨てるのが苦手な私は、『売れるものなんか無い』と最初は旦那の誘いを断って、

購入だけのためにお店についていきましたが、

旦那が売っているのは、同じくリサイクルやオークションで購入したブランド品でした

そして、それはなかなかの金額になり、5枚売ったら、1枚買う、というサイクルを作り、

上手にタンス内を回していました。

 

利益の生まれる売却が羨ましく、私も服を売りに出すため、断捨離を始める事にしました。

今までできなかった事がすぐに出来るわけもなく、すぐに断念。

そこで強力な助っ人になったのは、旦那の存在でした。

出会ってお付き合いして、同棲、結婚と、おおよそ4年経ちました。

その4年間で、旦那が見た事がない物は全て売却…という掟が作られ、

1枚ずつ旦那に確認をしてもらう事になりました。

 

旦那が『見た事が無い』と言った場合、何時着た!と答えられるものは、ステイされますが、

『これは高いブランドで、頑張って買ったやつで…』や

『昔毎日のように着ていたお気に入りで…』等の言い訳は一切通用しません。

しかし、旦那の言うとおり、この4年間で着ていない服を、今後着るかといったら、間違いなく着ません。

結果、持ち服は半分になりました。

 

量が多くなってしまったので、宅配便も利用して、まとめて売却しました。

洋服の他にも、靴や帽子、バッグなどの小物も合わせて売りに出したので、

部屋のクローゼット、衣装箪笥はスカスカになりました。

その後も、2ヶ月置きにそのリサイクルショップを訪れるため、この断捨離を毎回行っています。

 

今では、全ての洋服がどこにあり、カラー、枚数、おおよその着用のサイクルまで把握できる数になりました。

『バカの安物買い』も多少収まり、購入時には、

1年以内に着る機会があるかどうか…を考えてから購入するようになりました。

最初は利益を求めての断捨離でしたが、購入の仕方にまで影響する良い断捨離習慣になりました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL