服を断捨離する時は直感で選ぶ事も重要です。

服を断捨離する時は、自分の持っている服の系統と枚数を確認しましょう。

どの系統を好んでいるかどのアイテムが着回しに向くかを把握していないと、後で困る事になってしまいます。

なので最初に、アイテムの確認を行いましょう。

 

また確認するだけで無く、色別種類別に並べて下さい。

そうすると明らかに浮いているアイテムや、被っている物が見つかります。

ほとんど同じ服や系統が違い過ぎる服は、要らないハズです。

 

持っている服を把握したら、いよいよ捨てる作業に取り掛かります。

この時基準にするのが、服の状態と相性です。

 

まず状態は、汚れていたり色褪せている服は捨ててしまいましょう。

汚れている服はオシャレ着として着ようとは思えないでしょうから、

着る機会はどんどん減ってタンスの中で眠っている時間ばかりが増えて行きます。

綻んでいるアイテムについても、同じ事が言えます。

きちんと直す予定が有るのなら別ですが、大抵の場合は直さずに新しい服を購入してしまうでしょう。

なので1度着られない状態になった服を、わざわざ取っておく必要は無いのです。

 

次に相性ですが、サイズが合っていない服と着る機会が無かった服は大概この先も着ません。

なのでダイエットに成功したら着るつもりでいる細身のワンピースや、

デザインに惹かれて衝動買いしたけど結局着なかったシャツ等は思い切って処分しちゃいましょう。

ダイエットはそう簡単に成功しませんし、仮に成功したとしても

その時はまた新たに欲しい服が出て来ているでしょう。

 

あと見てもときめかない服も、捨てる対象になります。

今見て良いと思えないのに、これから先気分が変わって良いと思える可能性は低いです。

これは「デザインに惹かれたけど使用しなかったアイテム」にも、当てはまります。

 

それと服は買えば増えて行くので、買った分だけその都度捨てるようにしましょう。

そうすれば取りあえず、持っている服の数をキープ出来ます。

数が増えすぎるのも断捨離の邪魔になってしまうので、

捨てる行為に慣れるためにも「1買い1捨て」を守りましょう。

 

また捨てる服を決める時は、アレコレ考えずに第1印象で決めるべきです。

1度考え込んでしまうと悩みが生じて中々手放せなくなるので、すぐに捨てるためにも直感を大事にして下さい。

もしも手入れをしっかりやっていて状態の悪い服が無かったり全てのアイテムにときめきを覚えるという人は、

それらの服の中で優先順位を決めてみましょう。

一気に決めようとすると難しいので、2択にしてアイテムを絞って行くのです。

そうすれば、最終的には要らない服と要る服に分けられるでしょう。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL