断捨離をして部屋も心もスッキリしましょう

11月に入りました。

師走に向けて、そろそろ整理整頓をしなきゃと考えている人は多いと思います。

いっそ断捨離をしてサッパリしませんか?

 

まずはいらないモノや、使っていないモノを見てみましょう。

服や本、DVDやCDなど「いらないな」と思うモノはすぐに処分しましょう。

 

引き出しの奥に仕舞ったまま忘れていた服や、半年以上着ていない服はありませんか?

こういった場合、あなたにとってその服はなくても困らない服であり、

このままおいていても着る事はない服であると言うことです。

部屋着にとっておいても同じことなので止めましょう。

着ない服を仕舞っていても収納スペースは限られています。

思いきって断捨離してしまいましょう。

 

新しい服を一枚購入したら、一枚処分することを習慣化すると

クローゼットなどの収納スペースをキレイに維持できます。

使っていないけれど捨てるのは勿体ないと思うモノは、

リサイクルショップやネットに出品してみましょう。

ちょっとしたお小遣い稼ぎになるのでお得です。

 

さて、使っていないけれどどうしても処分に踏み切れない思い出のモノや

お気に入りのモノもありますよね。

特に書籍やDVD、CDはモノによって買い直すことができない場合もあるので尚更です。

 

そういうモノは専用のボックスに入れるなどして一旦保留にしましょう。

そして衣替えの折りに中をチェックして

まだ自分にとって必要なものなのか心に問いかけてみましょう。

そうやって少しずつモノを減らしていきましょう。

 

断捨離を失敗しない方法は、

1年間使わなかったものは捨てる事と、

思い出のモノなどは一旦保留する事、

短期間で終わらせようと焦らず1日30分でも継続する事ですね。

 

どんなにモノが多くても少しずつ処分していけば必ず部屋はキレイになります。

モノが減ってスペースが空くと気持ちもスッキリ、探し物でイライラする事もなくなりますよ。

 

よく「生活の乱れは心の乱れ」と言います。

まさにその通りで断捨離をすることでも嬉しい効果は起こります。

 

例えば、部屋がキレイになったお陰で前向きな気持ちになったり、

判断力や決断力がつき仕事の能率が上がったりすることがあります。

また断捨離で残った自分の服や本などに、

今まで以上に愛着が湧き、モノを大事にするようになります。

 

どんなに大切で思い出深いものであっても、

死ぬときに全てを持っていくことは残念ながら無理なのです。

そして思い出はモノではなく心に宿るものです。

自分の手で処分できる時にしてあげたほうが「大切なモノ」も浮かばれるのではないでしょうか。

 

頑張って断捨離をすることはありません。

空いた時間にちょっと断捨離してみるか、

くらいの軽い気持ちで少しずつものとサヨナラしていきましょう。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL