断捨離の実践

そんなに買い溜めた覚えはないのに、

気付けば家に物があふれかえっていてよく考えてみると使ってない。

でももったいないから、いつか使うかもしれないからと捨てられずにいた私ですが

日々の生活をスッキリシンプルにしたいと思うようになりました。

 

それから断捨離を意識するようになり、

衣替えのタイミングで年に2回家中の物を見直す機会を作っています。

 

とにかく毎回数が増えるものナンバー1が洋服です。

衣替えをするときに服を1枚1枚見て『いるもの』『いらないもの』『保留』と3つに分けて

『いらないもの』は決心ゆらぐ前にリサイクルショップへ持ち込みます。

『いるもの』はそのシーズン用にクローゼットに入れ、

『保留』はとりあえず衣装BOXに収納しています。

 

そしてそのシーズン使わなかった場合は次の衣替えの時に

もう一度確認してリサイクルショップにもって行くようにしました。

そうやって着ない服を処分していくうちに無駄な買い物を実感してきて、

新しく服を買うときも流行りだけにこだわらず着回しがきくか

自分が持ってる服とのコーディネートをよく考えてから買うようになりました。

 

子供用の服は成長によってどうしてもシーズンごとに買い替えが必要になってくるので

サイズアウトした服はおさがりとして友人などにあげるか

リサイクルショップに持ち込んで決めている収納に入るだけの数をキープできるように心がけています。

 

写真などたまってしまって整理できないままになってしまうものもたくさんあります。

同じようなポーズの写真は思い切って写真写りの良いものだけ選んで処分したりしています。

子供が書いた絵や工作なども捨てるのは嫌だけど

置き場所に困るというものばかりなので作品は全部写真に撮って形に残すようにしています。

 

キッチン用品や食器類、雑貨なども色々欲しくなって

つい買ってしまって結局使ってないというものがたくさんあるので

欲しいものが見つかったらその場では買わず、

とりあえず家に帰ってよく考えて使い道はあるか本当に欲しいものなのかを見極めます。

数日たってそれでも欲しいと思うような物である場合のみ購入を検討するようにしています。

 

こうやって自分に必要なものか使えるものかを考える時間を持つだけで無駄な買い物が格段に減りました。

物をむやみに増やさず自分に必要なものかを仕分けることによって

物を大切にする気持ちももてるようになり家の中もスッキリと片付くようになりました。

物の断捨離ができるようになったことで心にも余裕が出るようになり、

心身ともに豊かな生活を送れるようになったと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL