断捨離その後、物をリバウンドさせない収納の極意3つ

断捨離のコツは究極ただ1つ。物の優先順位をつけること。

 

街にも家にも物が溢れている現代の生活、

管理がしきれないために、断捨離を意識して物を減らしている方は多いと思います。

私もシンプルライフや断捨離関連の雑誌や本を読んだりしながら、家の物の整理を進めてきました。

多くの人が物をためないことを心がけるようになってきていますが、

なかなか思うように整理が進まず、つまづいて途中で放りだしたりしてしまうこともあります。

 

それはなぜか?

物は単なる物体であると同時に、人の思い入れや情報がつまっているからなのです。

けれど家の収納場所には限りがあって全ての物をとっておくわけにはいかないので、

よほどの大豪邸に住んでいるのでないかぎり、優先順位をつけて取捨選択をする必要がでてきます。

優先順位を上手につけることができること

断捨離の唯一、そして究極のコツと言ってもよいでしょう。

 

 

◎優先順位をつけるコツ

必要なものは残す、あったらいいけどなくてもいいものは捨てる、などとよく言われます。

「こんまり」さんの基準はときめく、ときめかない、です。

 

どちらも理にかなっていて素晴らしい基準だと思います。

これに従って物を選別できればいいですね。

 

しかし、これで区別できないと感じる人もいるようです。

ときめくものなんてないわ!

全部捨てちゃうことになりそう、などと言っている人もいました。

 

なぜか?

必要、不必要、ときめく、ときめかない、は具体的なようでいて、抽象的なのだと思います。

そう感じる人におすすめの方法は、

定期的に目に触れるものと利用するものだけを残すという方法、

これが優先順位になります。

 

 

◎物が目に触れる収納方法を徹底しよう

物が整理できない、あるいは断捨離をした後にリバウンドしてしまうという方は、

収納家具と物の総数が多いです。

総数が多い理由は、日ごろから目にしないところに物が隠れているからです。

 

そこで、物のすべてが目に触れるような収納方法を心がけるようにすると

総数を減らすことができます。

 

必要な物と好きな物は、頻繁に見ることが多いからです。

一般家庭で増えてしまいやすい物の代表として服類、書類、食器類がありますが、

それぞれに死蔵品(見ないもの)を作らないようにしましょう。

 

収納でやってしまいがちな、床に並べる、奥にしまう、積む、の3つの行為、

これをやめることで死蔵品が減ります。

これらの行為は物を見えなくしやすいからです。

 

食器はなるべく奥まで詰め込まず全て見えるようにしたら使用頻度が増えます。

床に物を並べると際限なく物が停滞していき掃除が億劫になります。

 

そして、この3つの行為で一番大事なのは、積まない、ということ。

最も情報量の詰まっている紙類(書類や本や写真など)は積むことで膨大な量が収納できてしまい、

捨てる行為を遠ざけてしまいます。

 

 

◎まとめ

断捨離をしたその後、リバウンドしにくい生活空間をつくることはちょっとした工夫でできます。

物をためてしまいやすい3つの危険な行為をしていないか、

我が家の収納を見直してみてはいかがでしょうか。

ぜひご参考にしてみて下さい。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL