断捨離しやすい場所から攻めていくのも効果的です。

冷蔵庫の中身の断捨離は、賞味期限がある為とても明確ではかどる場所の一つです。

少し気合いは入りますが、一日暇な時など良い気分転換になります。

 

ゴミ袋を用意して、期限切れの物、期限は切れていないけどもう食べない物を

次々捨てていくとけっこうあっという間に片付きます。

そして思い切って冷蔵庫の中を外して洗うと、予想以上に気持ちが良いです。

冷蔵庫を開ける度に分けもなく清々しい気持ちになります。

 

他に家中の引き出しも簡単に断捨離しやすい場所です。

引き出しの中は大抵ごちゃごちゃと散らかっています。

その中身を一度全部出してみます。

 

そして深く考えず大事な物と、そうでもない物に分けそうでもない物は捨てます。

この時家にこんなにボールペンがあったのか、と驚く程ペン類が出てきます。

(テーブルの上にちょっとしたペン立て等を置いてしまうとあっという間に埋まってしまうので、

ペン立ては基本禁止です。)

 

うちは以前50本越えのペン類が出て来て、勿体無い気もしましたが大部分を捨てました。

職場に持って行こうかなとも思いましたが、職場にもペンは沢山あるし、

自分のいらない物は大抵人もいりません。

ガラガラになった引き出しの中というのも冷蔵庫同様とても気持ちがいいものです。

 

次に本類を捨てました。

本は古本屋に売ろうと思ってしばらく取って置きましたが、

面倒くさがりやの為古本屋に中々行かず、まとめて袋に入れていたはずがいつの間にか本棚へ、

等という事もあった為今回はキッパリと捨てました。

 

古本屋やリサイクルショップにいつか持って行こうと思っていると、

伸ばし伸ばしになりいつかが来なくなってしまう事もあります。

時には思い切って捨てる事も大切です。

 

下駄箱も断捨離が簡単な場所の一つだと思います。

靴は履き心地の良い物以外は、デザインが気に入っていても履かないものです。

高かったし、まだ新しいし、と色々未練はありますが下駄箱に入りきれないもしくは、

ぎゅうぎゅう詰めにするよりも、ここは思い切って捨てます。

すると次は履き心地もデザインもしっかり気に入ったものだけを自然と買います。

思い出の物等を捨てる痛みを知った時次に買う物は自然と慎重になります。

 

洋服は困難な様でこれも明確です。

洋服はとに角着てみます。

鏡の前で当てるだけでなく着てみて判断します。

第三者に見てもらうのも効果的です。

自分が思っていより年齢に合わなくなっていたり、新品だけどサイズ感が今一などの服は捨てます。

袖を通して見て心が弾む服だけを残します。

 

ただ捨てすぎて汚れても良い普段着が無くなった時(子どもが小さいので公園用)は少し困りましたが、

ユニクロなどで、安くて気に入ったものを新たに買うと、公園用と言えどもテンションが違います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL