引越しは断捨離の最大のチャンス

引越しは断捨離の最大・最高のチャンスと言っても過言ではありません。

断捨離で最も難しいのは、何と言っても、断・捨・離の行動を起こすことです。

しかし、いざ引越しとなれば、いやおうなく転居しなくてはなりませんので、

どんなめんどくさがり屋でも行動を起こさなければなりません。

その意味で断捨離の最大・最高のチャンスなんです。

 

では、いったい具体的にどのように 断捨離=モノを処分 すればよいのでしょうか?

 

ご承知のように、引越しする場合、持ち出す荷物を選別した上で荷造りしなければなりません。

引越し業者に荷造りから全部おまかせするコースもありますが、

少しでも断捨離を考えているならば、ぜひ、ご自身で荷造りをしましょう。

 

荷造りを始めると、以前は使っていたのに、最近では全く使わないモノを発見することがあります。

この先、使うかもしれないので保管しておくか、それとも思い切って捨てるか、どちらにするか悩みますね。

しかし、ここでマイルールを決めてみてはどうでしょうか。

例えば、ここ3年間、使っていない食器や着ていない衣類など、

思い切って捨てるといったルールです。

 

もちろん、捨てるのが憚られるという方もいらっしゃると思いますが、

最近ではオークションやフリーマーケットなど、リユース・リサイクルの考えが広く浸透してきましたので、

あなたにとって必要でないものを、誰かが必要としているかもしれませんよ。

自分が愛着を持って使っていたモノが誰かの役に立ち、

しかも、おまけにちょっとしたお小遣いまでを得ることができるわけですので、

ぜひ、検討してみてくださいね。

 

もっとも、買い手がつかない場合、逆にお金を払って自治体の粗大ゴミ回収に依頼することになります。

なお、粗大ゴミとして出すときには、回収方法や日にちが自治体ごとに指定されていますので、

早めに手配するように心がけましょう。

そうでないと、引越しの直前になって慌ててしまいますよ。

 

また、テレビやパソコン、冷蔵庫など法律で指定された家電製品は、

業者に手数料を払って引き取ってもらい処分するよう決められています。

くれぐれも、引越し元にゴミとして放置したり、不法投棄したりすることのないようにしましょうね。

 

古くから日本には「もったいない」という考え・言葉があるように、

筆者も子どもの頃から「モノを大切に使いなさい」と言われて育ってきた世代です。

どちらかというと断捨離できない人間でしたが、

幸い(不幸にも?)転勤が多い仕事についたおかげで、

何度も引越しを経験するうちにいつのまにか断捨離が身体にしみこみました。

 

引越しは、寂しさ、別れ、めんどくさいといったネガティブな心境になりやすいのですが、

断捨離をするには、やはり絶好のチャンスですね。

悩んでいる方、ぜひ行動を起こしてみてはいかがでしょうか。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL