安心してできる本の断捨離

私は最近、本の断捨離にやっと手をつける事が出来て、その時思いついて実行した

「安心してできる本の断捨離の仕方」をご紹介いたします。

 

まず本に限らず何を断捨離する時でも、こんな風に思いませんか?

ただゴミになってしまうなら、使わないけれど置いておこうかな?

誰かがもらってくれるまでは。もったいないし。

また使いたくなるかもしれないし、断捨離して後悔するのも嫌だな。

思い出あるし。などなど。

 

はい!そこでちょっと思いつきました。

自分が持っていたくて持っている、

又は持っているけれど読んでないので置いてあるものなど

いろいろ本のタイプもあるかとは思いますが、

本であればもし手元を離れても読むことができるものもありますよね?

 

どういうことかと言いますと、図書館を利用するのです。

お住まいの地域の図書館のサイトで手持ちの本が所蔵されているかどうか確認します。

大量に本があるといっぺんにやるのは大変ですが、

少しずつ調べていくだけでも断捨離はスタートしているので大丈夫です。

とりあえず手をつけてみましょう。

 

図書館に所蔵されている本であれば、

その本は手元に置かなくても読む事ができるわけですから、

気持ち的にもだいぶ断捨離し易くなります。

 

お住まいの地域と持っている本によっては持っている本が

殆ど図書館にない場合もあるかと思いますが、

その場合は国家図書館にあるかどうかを確認してみます。

国家図書館のホームページで簡単に調べる事ができます。

国家図書館にあれば、閲覧することもできます。

 

このようにして自分が手元に置いている大量の本に手をかけていくうちに

少しずつ本当に手離してもいい本と、やはり手元に置いておきたい本がよくわかってきます。

 

そこですぐに手離しても大丈夫なものだけ、買取に出すなどしますが、

ここで気をつけたいのは迷っているものは無理矢理断捨離しない事です。

断捨離なんだからキッパリやってしまうのも悪くはないですが、

もしそれをする前にAmazonで買い直せるかチェックしておけば安心ですね。

 

本だけに関わらず、迷っているのに勢いで断捨離してしまうと、

なぜか本の場合スッキリするだけでなく心にポッカリ穴が空いたしまう時もあります。

これではちょっと円満な断捨離ではないですね。

絶対に無理しない事をお勧めいたします。

 

このようにして大切だけどいつしか置きっ放しにしてしまった本を整理できるだけでも

私にとっては大変な進歩でしたし、安心して手離す事が出来た本もたくさんありました。

 

ステキな本の断捨離を!

読んで下さって本当にありがとうございました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL