使っていない台所道具

便利だと思って購入した圧力鍋や蒸し器も

場所をとるだけで、出番がほとんど無いということはありませんか?

人によって、使う調理器具は限られています。

 

あれば便利なモノもありますが、なくても調理はできます。

使わない調理器具ほど場所を取っているものはありません。

 

フライパンを複数持っている人も、

手に取るのは、いつも軽いフライパンと軽い片手鍋、ということはあるでしょう。

 

それで、ほとんどの料理が作れるのですから、

重くて大きいフライパンやフランス製の想い鍋は、

1年に1度使うかどうかも疑わしいものです。

 

人が来たときや、たくさん作るときに必要になるから・・・

それに高かったし・・・と取っておきたい気持ちはわかりますが、

よく使ってこその道具や鍋です。

 

年に1度のために取っておくのはやめて、思い切って処分しましょう。

 

今、米でパンが作れる器具や、水無しでカレーが作れるという鍋が流行っていますが、

調理道具を整理し始めると、そいういった流行のモノに手を出さなくなります。

 

たしかに便利かもしれませんが、「本当に毎日使うほどのものか?」

と考えれば想像はつきます。

 

まず、現在持っている鍋や道具で、大きな物、重い物を処分することから始めてみましょう。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL