パソコンを捨てる時に注意すること

壊れたり、新しいものを購入して

不用になったパソコンを捨てる時、

現在は不燃ごみにだすことはできません。

 

パソコンを捨てる方法には、

自治体から請け負っている業者に依頼する方法や

民間の回収業者に依頼する方法などがあります。

 

自治体から請け負っている業者に引き取りを依頼すると、

有料である場合が多いようです。

民間の業者などでは無料で引き取ってくれるところもあります。

メーカーに送る方法もありますが、この場合、

リサイクルマークがついている製品では無償で引き取ってもらうことができます。

マークがない場合には有償となります。

 

買い替えなどの場合には、購入する店で

古いパソコンを引き取ってもらえる場合があります。

捨てる以外に、中古ショップなどに売るという方法もあります。

 

パソコンを捨てたり、売るときに注意することが一つあります。

それはパソコンに入っているデータです。

データはパソコンのハードディスクに記憶されていて、

たとえ壊れているパソコンでも詳しい人ならば

そこからデータを取り出すことが可能となります。

データを知られたくない場合、パソコンからハードディスクを取り出すと安全です。

 

もっと簡単にデータを消す方法としては、

市販されているデータ消去ソフトなどをインストールする方法があります。

画面上でデータを消去しただけではハードディスクのデータは残っていることもあるので、

このようなソフトを使用する必要があるのです。

最近では、依頼すると店頭でデータを消去してくれる店もあります。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL