年賀状の断捨離に成功したはずが失敗してしまいました

私は一昨年年賀状の断捨離に成功しました。

とは言っても貰った年賀状を捨てたという意味ではありません。

貰った年賀状でいらない物を捨てることはもう何年も前に済ませてあります。

そうではなく、今まで年賀状を出すことをやめたいと思っていた友達に対して

送るのをやめたという意味です。

 

断捨離の提唱者のやましたひでこ先生は、年賀状の断捨離に関して

「時には自分が悪者になって年賀状を送らないことも大事だ」

とかなり前にテレビ番組に出た時におっしゃっていたのが未だに忘れられません。

でも先生のその言葉を聞いてからも何年も私はその子に年賀状を送り続けて来ました。

 

その子は同じ市内に住んでいるのですが、20数年全く会っていません。

小学校低学年の頃に市内の別の学校に転校してしまったのですが、

それから一度も会っていないのです。

同じ市内に住んでいるのに一度も会わないなんてちょっとおかしいですよね?

でもそれでも年賀状のやり取りは毎年続いていたのです。

 

私は全然会わないのに年賀状を送るのも面倒だったのですが、

誕生日におめでとうメールを送るのも苦痛でした。

だって年賀状と誕生日の時以外は一切連絡を取ることがなかったのですから。

 

思い切って私は一昨年彼女に年賀状を送るという行為をやめました。

勿論誕生日にメールを送ることもしませんでした。

あっちからも年賀状が来なかったのでやっと肩の荷が降りたような気分になりほっとしました。

 

もうこれで彼女とは連絡を完全に取らなくなったんだなと思っていたのですが、

なんと私は今年年賀状の断捨離に失敗してしまうのです。

 

去年年賀状は勿論送られて来なかったのですが、

なんと元旦に彼女からの年賀状が届いていたのです。

その内容が「結婚しました」という結婚の報告でした。

 

自分から連絡を完全に切ってしまったものの、

長いことやり取りしていた子の結婚は嬉しかったので

どうしても祝福の言葉を伝えたくて年賀状を返してしまいました。

多分これでもう本当に私が彼女に送るのは最後だと思います。

 

でも私は彼女がずっと義理で年賀状をくれていたのかと思いましたが、

結婚報告をしてくれたので

本当は義理でやり取りしていたわけでもなかったのかな?と思いました。

 

まだ分かりませんがもし彼女が子供を産んだら

今度は子供の写真のついた年賀状が送られて来るかも知れません。

多分その時も返してしまうかも知れませんが、

もうすぐやって来る彼女の誕生日にメールは送らないようにしようと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL