年の暮れは年賀状で人間関係の断捨離をするチャンス

年末になると仕事も忙しくなる方もいると思いますが、

年末にやることと言えば年賀状の準備ではないでしょうか。

 

年賀状の準備、好きという人もいれば面倒で嫌いだという人もいると思います。

私は子供の頃は年賀状を書くことが大好きでしたが、

大人になってからは面倒になってしまいました。

 

けど年賀状を書くのをやめたいと言ってもそう簡単にやめられる物ではありません。

だけど面倒ならば少しずつでも良いので

年賀状を書くことをやめて準備を楽にしてみませんか?

 

断捨離は物理的な物だけではなくて人間関係の断捨離も大事なことです。

年賀状シーズンである年の暮れはまさに人間関係の断捨離をする大チャンスです。

 

年賀状の準備が面倒な理由は、全然連絡を取っていなかったり

仲良くもない人にまで年賀状を書かなければならない状態であることが多いからです。

これをきっかけにもう連絡を取らなくてもいいやと思う相手には年賀状を書くのをやめましょう。

 

私もいつまでもズルズルと全然会いもしない友達に

年賀状だけのやり取りを毎年続けて来ましたが、

お互いに義理で送っているような気持ちになったので

相手のことも考えて送ることをやめました。

きっと相手も私に年賀状を書かなくなってすっきりしていると思います。

 

年賀状のやめ時が分からないという人は沢山いるようで、

何年も前に断捨離の提唱者であるやましたひでこ先生が

テレビ番組の中で次のように答えていました。

「時には自分が悪者になることも必要」

 

どういう意味かというと、年賀状を出さないと相手に悪いなという気持ちになりますが、

仲良くもしていないからと言って年賀状交換を続ける必要はないということ、

自分から縁を切ることも大事なことだということです。

 

いきなり全員に年賀状を送らないようにするということは難しいことです。

けど全然仲良くない人に年賀状を出さないようにするということは

勇気を出せば出来ることです。

 

私は来年も仲良くしたい人や、年賀状しかやり取りがない人でも

これからも自分の近況を伝えたいと思う相手だけに年賀状を出すようにしています。

お陰で年賀状を作るのが以前より苦痛ではなくなりました。

 

因みに今年は喪中でもなんでもありませんが、

自分の体調が思わしくないので誰にも年賀状を出さないことにしました。

出したくもない相手に年賀状を書くということは

お金もですが大切な時間を無駄にしていることにもなります。

少しだけではありますが時間の節約にもなります。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL