人間関係の断捨離も進めてます

人間関係を整理すると決めるまでは友人はたくさんいたほうが良いとか、

知人でも顔見知りでも数が多い方が良いと思っていたからみんなにいい顔してました。

わたし自身良い人間だと思われたくていい人を演じることになれてしまい

本当の自分がどこにいるのか分からなくなっていたのです。

 

友人知人がたくさんいてもいざという時、

力になってくれない人を増やしても仕方がないんですね。

 

本当に困っているとき親身になってくれる人が3人くらいいてくれたら

それでいいと思うようになり人間関係を整理し始めました。

 

身内でも断捨離したい人が数名いたけどさすがに身内の断捨離はできません。

それ以外のところではできるだけ断捨離しようと今も人間関係を整理しているのです。

 

歳を重ねることは悪いことばかりではありません。

考え方を変えることができるし、人生を深く考えられるようになるから

歳を重ねることを嫌がるのは時間の無駄。

何をしていても何を考えていても時間は刻々と過ぎるなら

自分の人生や周りのことを真剣に考える方がいい。

 

友人の数が多ければ安心とかかっこいいとか

そういうことがくだらないと思えるようになっただけ良かったと最近思ってます。

 

人間関係の断捨離を始めてから知人がすごく減りました。

知人が顔見知り程度になったという感じ。

友人以外はその他大勢という感じで

その人達のことをあれこれ考えたり悩む時間がすごく減りました。

自分のことや本当に大切な人たちのことを考える時間が増え人生が変わったように思うのです。

 

断捨離にも色々あるけれど物を整理する物を減らすという断捨離も好き。

自分が死ぬとき家族からしたらゴミのような物がそこら中にある状態は望みません。

必要な物だけ残してゴミのような物はなんとかしたい。

 

もっとはっきり言うとお金を家族に残して

あとは少し形見のようになるキレイな物や価値のある物を残せれば良いなと思っています。

 

本物の貴金属とか、毎日のように気に入って使っている物は

自分が生きていた証として残したいけど、

それ以外のどうでもいいような物は断捨離してしまいたい。

 

と言っても子供がまだ巣立っていないしわたしも健康体でまだまだ元気。

急いで全ての断捨離をすることはないので焦らずコツコツやっていこうと思っています。

 

断捨離って本当にクセになりますね。

やっぱり物があふれる空間にいるとリラックスできない。

断捨離が世の中にもっと浸透することを願います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL